健やかなお肌を育むコラム
なぜ素早くなじませなければいけないの?

なぜ素早くなじませなければいけないの?

なじませる

スキンケア商品の良い香りにうっとりして、ついつい長くつけ過ぎてしまった…なんて経験はありませんでしょうか?

長くつけることで、効果が上がりそうに見えるスキンケア商品も、場合によってはお肌にダメージを与えてしまう可能性があるため、使用時間には要注意です。

クレンジングを例に取ってみましょう。

「今日は友人の結婚式で、いつもよりバッチリメイクをしてしまったから、クレンジングも入念に時間をかけてしないと!」

実はこれ、お肌にダメージを与える原因の一つなんです。

クレンジングには人工的につけたメイク(油分)を落とすため、強い洗浄力を必要とします。
例えば、多くのスキンケア商品に含まれる石油系界面活性剤。
石油系界面活性剤は、その油分(クレンジング剤やメイクアップ剤)の汚れを肌から落とす働きをしています。

しかし、合成系界面活性化剤の中でも洗浄力の強いものは皮膚への刺激が強く、皮脂膜を破壊することが知られています。

そんなクレンジングを長時間お肌に乗せておくとどのような変化が起こるのでしょうか?

ずばり、乾燥や肌荒れですね。

しかし、界面活性剤自体がすべてが悪者かというと、そういったことではありません。 一部のラウレス硫酸アンモニウム、スルホン酸ナトリウム等、お肌にとって刺激が強すぎる成分を使用しない、 植物由来の界面活性剤も存在します。

ただ、冒頭でお伝えしたとおり、お肌についた油分をとるのですから、どのクレンジングにもそれ相応の洗浄力は存在します。

ゆっくり、じっくりとメイク落としをしていると、本当はお肌に必要な皮脂まで洗い流してしまっているかも知れません。

お肌に負担がかかりすぎないよう、素早くなじませることを心掛けてくださいね。