健やかなお肌を育むコラム
なぜぬるま湯ですすがないといけないの??

なぜぬるま湯ですすがないといけないの??

ぬるま湯

ぬるま湯洗顔がすすめられているのには、理由があります。

冷たい水ですと肌の汚れや皮脂を落としきれず、逆に熱いお湯だと、汚れなどは十分に落とせますが、必要な皮脂まで洗い流してしまいます。
そうなると肌の皮脂バランスが崩れ、乾燥、しわ、毛穴の詰まりやニキビなど、様々な肌トラブルを招きます。

一般的に、洗顔時の「ぬるま湯」とは、何度ぐらいのことを指すのでしょうか。

人の体温は約35~37度です。体温と同じ位の温度で洗顔をすると、皮脂が溶け落ちやすくなります。
皮脂が溶けることは必要ですが、必要以上に落ちないことが大切です。

このようなことから、「ぬるま湯」で洗顔をする時の適温は、「32~34度」とお考えいただくのがよろしいのかと思います。

では、実際に「32~34度」とはどのように感じるのでしょう。

表現としては、「水よりは温かい感じがする」、また「少し冷たいような気がする」くらいです。
「ぬるい」と感じるようでは、また温度が高いといえるかもしれません。

ただ、肌にも個人差があるように、感じる適温にも個人差があります。
ですので、これらは目安とお考えください。

洗顔は、スキンケアの基本と言われています。
洗顔料をしっかり泡立てて、手が直接触れないように泡を顔全体に転がすようになじませ、その後はぬるま湯ですすぎ残しのないよう十分に洗い流しましょう。肌に負担をかけない洗顔を心がけてください。