肌占い
10月の肌占い

10月の肌占い

ようやく涼しくなり、気分的にも余裕が出てくる季節になりました。ただ、10月は夏の疲れも出やすい時期です。 今月は、手を抜かずに朝晩のお手入れを行って、乾燥する冬を迎える準備をしていきましょう。

【脂性肌】

夏の疲れと共に、吹き出物やシミ、その上、くすみ…といった問題に悩んではいませんか? とにかく紫外線によって乱れてしまった肌代謝を整えることが大切です。 そのためには、ていねいなベーシックケアを心がけるようにしましょう。化粧水、美容液、乳液でしっかり保湿をすることで、肌の調子を整えてあげましょう。

■A型
10月に入り紫外線のピークがすぎても、油断してはいけません。紫外線は一年中降り注いでいますので、引き続き丁寧なUVケアを。耳や襟足も忘れずに。

■B型
紫外線によって蓄積したメラニン色素を取り除くには、ターンオーバーを整えることが重要。毎日のケアに加えて、生活習慣の改善を心がけましょう。

■O型
皮脂腺が少ない目のまわりは、皮膚が薄いぶん乾燥しやすい部位です。まぶたの際までていねいな保湿を心がけましょう。

■AB型
肌だけでなく唇も紫外線ダメージを受けています。唇のカサカサや縦ジワが目立ってきたら、唇専用クリームで小まめなお手入れを。

【混合肌】

紫外線やエアコンで肌コンディションは乱れがち。さらに夏の疲れが残るこの季節は肌トラブルに陥りやすいので注意が必要です。 毎日のベーシックケアはもちろんのこと、マッサージを加えたり、美容成分たっぷりのケア用品を使用したりして、肌をいたわってあげましょう。 毎日、コツコツとお手入れすることで見違えるような肌になりますよ。

■A型
乾燥が気になる季節は、肌も敏感になりがち。こんなときこそ肌に負担をかけない洗顔剤をチョイスしましょう。

■B型
夏に受けた紫外線ダメージが気になるなら、ビタミンC配合の美容液がおすすめ。肌のすみずみまで美容成分を与えてみてはいかがでしょう。

■O型
うっかり日焼けはカサカサ肌の原因に。化粧水+乳液のデイリーケアはもちろんのこと、化粧水の重ねづけでうるおいを送り込んで。

■AB型
間違った洗顔は乾燥のもと。たっぷりと泡立てて包み込むように洗うのが基本です。洗い残しがないように優しく洗顔しましょう。

【乾燥肌】

秋は小じわが気になる季節。そして、小じわは水分不足のサインです。夏の間、しっかりとケアをしていなかった人ほど肌の老化が加速してしまうので、 目元の小じわや頬のたるみを発見したら、すぐにケアを開始しましょう。まずは、化粧水+美容液+乳液で徹底的なケアを今日から行いましょう!

■A型
頬の毛穴が目立ってきたら、毛穴のたるみが原因かも。毛穴のたるみにはコラーゲンの補給がオススメです。ビタミンCもコラーゲンの生成にはかかせない成分のひとつです。

■B型
くすみが気になりだしたら、ビタミンC入りの導入剤がおすすめ。その後はていねいに化粧水を使って補水してあげましょう。

■O型
首のリンパの流れが滞るとくすんだり、むくんだり、フェイスラインのたるみにもつながります。重点的に首のマッサージを行いましょう。

■AB型
目のまわりの小じわが気になったら、化粧水の重ねづけを。目頭から目のまわりを指先でやさしく押さえつけるように行うのがポイントです。

【普通肌】

普段はトラブル知らずの肌も、疲れが出ると肌トラブルに見舞われてしまうことも。心身の疲れを取るためにも、お風呂でマッサージを行うなど、 自分なりのリラックス方法を取り入れましょう。日頃のベーシックケアに時間をかけることはもちろんのこと、体の中からのケアを心がけましょう。

■A型
紫外線が少なくなる秋になったからと油断するのは禁物。化粧下地にUVクリームを使用して紫外線をシャットダウン。

■B型
疲れていると、つい適当になってしまうクレンジング。そんなときこそ丁寧なクレンジングを心がけましょう。指の腹を使ってやさしくなじませるようにするのがコツ。

■O型
食生活の乱れ、睡眠不足、ストレス…と体が疲れているときは、とうぜん肌も疲れています。生活習慣の見直しとともに、適切なサプリを取り入れるのも○。

■AB型
肌の調子が普段とは違うな、と感じたら、ケア用品を見直すタイミングかも。肌への刺激が少ない無添加化粧品を試してみるのもオススメです。

⇒前月の肌占いはこちら