肌占い | 肌別ディクショナリー
肌占い
8月の肌占い

8月の肌占い

「肌は夏に年をとる」といわれています。紫外線、暑さ、汗、湿度…と肌にとっては最も過酷な時期。気づいたら肌がくすんでいた、ハリがなくなっていたということがないように今月も丁寧なケアをしていきましょう。

【脂性肌】

体温超えの厳しい夏の暑さは堪えるものです。脂性肌の人にとってはいつも以上に汗でベタベタ、毛穴全開、強い紫外線…とトラブルマックスで肌状態は最悪。その上、連続の熱帯夜で寝不足なら肌も体も弱り切り、気力まで低下しがちに。その結果、肌のお手入れ意欲も落ちてしまうことにもなりかねません。肌はもちろんのこと、体のケアも同時に行うのが今月のポイントです。積極的にサプリを取り入れて元気に夏を乗り越えましょう。

■A型
真夏の太陽光をブロックしつつ、日中の保湿ケアもできるUVケアを。できれば紫外線吸収剤不使用のものを選ぶようにしましょう。

■B型
日焼け後はビタミンC! 高い抗酸化力で肌ダメージを食い止めてメラニンを追い出す生ビタミン入りの導入シャワーを使ってみて。

■O型
秋になって慌てないためにも、毎日の肌の変化を見逃さずにすぐにケアを。乾きやごわつきを感じたら丁寧なベーシックケアが一番。

■AB型
エアコンや冷たい飲み物で体は冷え切っています。そんなときは「しょうが紅茶」がおすすめ。体を温めれば手足の冷えも改善します。

【混合肌】

室内外の温度差が大きい夏。混合肌の人はTゾーンはテカテカ、毛穴はカラカラ状態に。その上、寝不足から自律神経も乱れがちになります。代謝が低下すればくすみも目立つようになってしまうので、こんな時は朝起きたらたっぷりの保湿、日中はミストやティッシュで水分補給を心がけるようにするのがポイント。夜はまずは丁寧にクレンジングを行い、一日疲れた肌をいたわるように化粧水と乳液でしっかり保湿を心がけましょう。

■A型
肌の乾燥が気になったらクレンジングを見直すのがおすすめ。石油系界面活性剤不使用のもので肌をいたわってあげましょう。

■B型
夕方になると足がむくむようなら、冷えが原因。冷たい飲み物はなるべく避ける、シャワーだけでなくお風呂で温まることが大切。

■O型
気になるくすみやシミにはフェイスパウダーがおすすめ。きれいに見せてくれて、かつ自然素材で作られたものなら安心です。

■AB型
唇のケアはどうしても忘れがち。乾燥や紫外線から守ってくれる唇クリームで、目立つカサカサや縦ジワを防ぎましょう。

【乾燥肌】

紫外線やエアコンでより乾燥してしまう季節ですが、化粧水と乳液を使いこなせば乾燥は防ぐことができます。化粧水はみずみずしさを与えてキメを整えてくれますし、乳液は肌を柔らかく保ってくれます。どちらかひとつでは肌は潤ってくれません。丁寧に化粧水と乳液を使うことで初めて肌に潤いが生まれてきます。化粧水は規定の量を手に取り肌になじませていくのがポイントに。これを毎日、コツコツと続けて美肌を手に入れましょう。

■A型
毛穴が目立つ原因は紫外線によるダメージと、寝不足の影響も大きいもの。毛穴を埋め、しっかりカバーしてくれるBBクリームを選んで。

■B型
出かけるときはミストを忘れずに。顔はもちろん、パサついたと感じたら髪にも定期的にシュッとスプレーすれば乾燥を防げます。

■O型
湿度が高い、日差しや風が強い日は要注意。ミネラルたっぷりの水を飲んで熱中症対策を。こまめな水分と温度調節を心がけて。

■AB型
たくさん歩いた日は、日焼け止めを塗っているにもかかわらず外にいるだけで日焼けしそう。夜はたっぷりと保湿して。

【普通肌】

シミやくすみの原因となる紫外線は7月から8月がピークとなります。暑さから汗をかき、エアコンにあたれば今度は乾燥して肌の潤いが失われがちに。ベタついていても肌が潤っているわけではないのですが、勘違いしてケアを適当にしてしまう人も多いのです。過酷な夏の肌にはいつも以上のケアが必要です。暑い時期はどんな季節よりも丁寧なケアが必要なときと意識しておくことが大切です。今月もしっかりケアを心がけましょう。

■A型
アウトドアイベントでうっかり日焼けしてしまったら、とにかく冷たく冷やした化粧水で火照った肌を冷やすことです。

■B型
全身の日焼け肌を早く戻すためには温めること。お風呂に水素水を入れると代謝がアップ。日焼け肌を回復させましょう。

■O型
炎天下での外出は全身から汗が吹きだして頭皮もべったり。ノンシリコンで完然無添加のシャンプーなら頭皮ケアにもなります。

■AB型
汗をかいたら積極的に水分補給を。咽の渇きを感じる前にこまめに取ることがポイントです。シリカ入りのものなら肌にも最適!

⇒前月の肌占いはこちら