肌占い
5月の肌占い

5月の肌占い

意外なことに、5月はすでに真夏並の紫外線が降り注いでいます。気持ちのいい春だから…と安心していると肌にダメージを与えてしまい、日焼けやシミを作る原因になってしまいます。今月はしっかりと紫外線対策を取りましょう。

【脂性肌】

春から夏に向かうこの季節は、少し動けば汗ばむ時期。徐々に汗や皮脂の分泌量が増えて肌がベタつきやすくなってきます。過剰な皮脂は肌のくすみ、透明感の喪失、化粧崩れなどの原因にもなります。肌の変化に気付いたら、心がけるのは「保湿」と「UVケア」。しっかりとこの時期を乗り越えましょう。

■A型
泡立ちたっぷりの洗顔石けんでその日の汚れはしっかりと落としましょう。天然ミネラル成分配合のものならさっぱり、滑らかな洗い上がりに!

■B型
防腐剤や鉱物油などを含んでいない化粧水が◎。ぴたっと吸い付くようなテクスチャーがつや肌へと導きます。

■O型
毎日のやさしいスキンケアが美肌作りのポイントに。どんなに疲れていても、面倒に感じても、洗顔と保湿は忘れずに行うことが大切です。

■AB型
化粧ノリの悪さや肌のくすみに気づいたら、洗顔後のビタミンC導入がおすすめ。化粧水、美容液で整えれば潤いをキープする肌の完成です。

【混合肌】

肌の調子が変わりやすいこの時期のスキンケアのポイントは、「汚れをしっかりと落とすこと」。クレンジングと洗顔をしっかりと行い、毛穴の汚れをきちんと落とすことでスキンケアの効果が高まります。たかが洗顔と思わずに、洗顔方法を一度見直してみましょう。

■A型
日中、肌の乾きを感じる前に細かいミストをシュッとひと吹きするだけで保湿効果はグンとアップ。顔だけでなく髪にも潤いを与えてあげると◎。

■B型
UVケアは白さが残らず透明な仕上がり感のものを。もちろん、美容成分配合のものならなおよしです。

■O型
毛穴の奥の汚れまでしっかりと落としてくれる洗顔石けんを使いましょう。ポイントは空気を含ませながら泡立てること。

■AB型
手足などの露出が増えるこれからの季節は、ボディケアが重要に。手のひらやクロスでボディソープをしっかり泡立ててから全身を洗いましょう。

【乾燥肌】

汗や皮脂をそのままにしてしまうと、当然汚れがつきやすくなります。そんなときは特に洗顔と保湿を心がけることが大切。もしも洗顔後に強いつっぱりを感じるなら、洗顔料との相性が良くないのかもしれません。まずは普段使っている洗顔料の見直しからはじめてみては?

■A型
皮脂や角質汚れをきれいに落とし、毛穴の奥まですっきりと。すべすべ、ツルンとした体験をするなら「完全無添加」のクレンジングがおすすめ。

■B型
健康や美を保つ成分、シリカ配合のおいしい天然水なら、カルシウムやマグネシウムも同時に摂れて、熱中症対策にもなる優れもの。

■O型
つい忘れがちな手や爪のケア。美容成分配合のハンドクリームを使えば手荒れを防いで、しっとりつややかな手元に。

■AB型
唇も紫外線から守ることが大切です。べたつきにくく、保湿成分たっぷりの唇用美容液で乾燥と刺激から守って潤しましょう。

【普通肌】

気温の変化が激しいこの時期の肌は敏感になりやすいため、どうしても荒れがちに。こんなときこそ、汚れをしっかりと落として保湿することが重要に。肌をいたわるためにも、丁寧な洗顔を心がけましょう。ただし、擦りすぎや洗いすぎは禁物。不安定な肌を洗顔と保湿で立て直しましょう。

■A型
UVケアは顔だけに塗ればいいものではありません。忘れがちな首筋、首の後ろ、手の甲など、目立たないところもケアすることが大事です。

■B型
プラセンタ配合の美容液なら肌荒れなどを防ぎ、エイジングケアの効果にも期待できます。年齢の出やすい目元口元の集中ケアにも効果的。

■O型
栄養がたっぷり含まれている化粧水を使うことで、シミやシワ予防に。洗顔後、すぐに化粧水を使って潤いのあるやわらか肌に。

■AB型
普段使っているアイテムでも、敏感になっているこの時期の肌には合わない場合も。シャンプーをノンシリコンシャンプーに、ボディソープを完然無添加のものに替えるだけでも効果的。

⇒前月の肌占いはこちら