肌占い
8月の肌占い

8月の肌占い

夏は紫外線、冷房、汗のトリプルダメージを受けて肌トラブルが起こりがち。これらのダメージは乾燥を引き起こしてしまう要因となってしまうのです。夏は乾燥に注意して、丁寧なスキンケアを心掛けましょう!

【脂性肌】

夏は室外と室内の温度差が大きいのが特徴。この温度差が肌にとっては大きな負担となるのです。エアコンの風にあたることで急激に肌の水分は失われていきます。 その上、湿度も低いため、より乾燥していきます。さらに温度差によって血行や代謝も悪くなりがちなので、肌のくすみにつながってしまうことも。 汗をかいていると肌が潤っていると思ってしまいがちですが、潤いを補給してあげることが大切です。

■A型
汗や皮脂のせいで毛穴がどうしても気になりがち。こんなときこそ、化粧水と乳液のベーシックケアをしっかりと忘れずに。

■B型
曇りだからといって日焼け止めをつけないと、紫外線によるダメージ必至。近場へのお出かけのときでもUVケアを行いましょう。

■O型
頭皮のベタつきや、髪のきしみを感じたら無添加シャンプーを使ってみるのも◎。洗い残しには注意して、丁寧に流しましょう。

■AB型
暑いからとシャワーばかりで過ごさずに、バスタイムを楽しめる工夫を。天然成分配合のボディソープに換えるだけでも気分転換に。

【混合肌】

Tゾーンはテカるのに、目元やほおはカサカサになる、という人が多い混合肌タイプ。冬は乾燥を自覚しやすいけれど、夏は汗をかくからどうしても潤っていると錯覚しがちに。ただし、特別なことを行う必要はありません。 ベーシックケアである化粧水+乳液を徹底して、夏の乾燥肌を防ぎましょう。

■A型
目元、口元の乾燥が気になってきたら、化粧水と乳液の重ねづけを。朝晩しっかりとお手入れすればプルプルの肌によみがえるはず。

■B型
夏の強い日ざしにさらされるのは顔だけではありません。紫外線カット配合のリップを使って、潤いのあるぷるるん唇を保ちましょう。

■O型
肌の潤いをキープするためにはこまめなメンテナンスがいちばん。毎日の肌ケアのみならず、サプリでの栄養補給も◎。

■AB型
肌のくすみを防ぐには洗顔が大切。クレンジングと洗顔で毛穴の奥の汚れまできれいに落として、クリアな素肌を目指しましょう。

【乾燥肌】

肌が全体的にカサカサしがちな乾燥肌タイプの人は、夏には特に注意が必要。ただでさえ乾燥しがちな肌ですから、毎日のベーシックケアはしっかりと行いましょう。 また、冷房から来る冷えや血行不良を防ぐこと、冷たいものばかりの食事や飲み物を見直すこと、そして質のよい睡眠を取ることも重要。 この夏はじっくりとスキンケアに取り組みましょう!

■A型
化粧水と乳液をきちんと使っているのに乾燥するという人は、まずは使用量を見直してみては? ケチらずたっぷり潤いを与えてあげましょう!

■B型
つい忘れてしまうのが首周辺のお手入れ。化粧水を顔につけたときに首筋までしっかりと伸ばしていけば、一緒に手入れができますよ。

■O型
この時期、バッグに入れておきたいのがミスト。冷房などで乾燥を感じたら、いつでもどこでも髪や肌にシュッとひと吹きして潤いを与えましょう。

■AB型
忙しいとつい面倒になってしまう洗顔ですが、乾燥が気になる人ほど汚れ落としには気配りを。摩擦には注意して優しく洗顔を行いましょう。

【普通肌】

肌のカサカサやつっぱり感を感じたら乾燥のサイン。毎日、コツコツとケアを続けることで乾燥を防ぎましょう。 化粧水はみずみずしさを与えて肌のキメを整えてくれますし、乳液は潤いをしっかりキープしてくれます。 どちらか一方ではなく、化粧水と乳液の両方を使って乾燥対策を!

■A型
くすみやシミを防ぐには毎日の肌ケアを積み重ねることが大切。コツコツと続けることで美肌は作られていくのです。

■B型
クレンジングでメイクや毛穴の汚れを落とした肌には、美容成分をたっぷりと与えてあげましょう。

■O型
これからの季節、美肌を守るためにも欠かせないのが紫外線対策。白浮きせず、落とすのもラクな軽いつけ心地のものを選びましょう。

■AB型
熱中症対策には毎日の水分が大切。ミネラルが豊富で飲み心地もよく、加えてシリカ入りなら、美容にも健康にも効果が期待できて◎。

⇒前月の肌占いはこちら