旬の食べ物を使った肌別レシピ
生わかめと新玉ねぎの春ポキ丼

生わかめと新玉ねぎの春ポキ丼

生わかめと新玉ねぎの春ポキ丼

わかめも玉ねぎも毎日の食卓でおなじみの食材ですが、新鮮な生わかめと新玉ねぎは春限定のおいしさです。

わかめは日本近海の特産で古くから食べられていて、海藻類で最も生産量が多いと言われます。ローカロリーで食物繊維が豊富なので ヘルシーなイメージがありますが、そのタンパク質はアミノ酸スコア100の良質なタンパク質で、ビタミンやミネラルなど現代人が不足しがちな栄養素も摂ることができます。 抗酸化作用を持つβカロテンも多く含まれているので、アンチエイジングやシミ対策など美肌のためにもよいでしょう。 ヘルシーなだけでなく栄養価も高いわかめはカロリーも美容も気になるという女性に嬉しい食材ですね。

春に出回る新玉ねぎは普通の玉ねぎと違って乾燥させずに収穫したらすぐに出荷されます。採れたてなので皮が薄く、みずみずしくて 辛味が少ないので生食に向いており、この時期ならではのおいしさは春の訪れを感じさせてくれる野菜としても人気です。

今回はそんな春のおいしさたっぷりで美肌にも役立つポキ丼のレシピをご紹介します。 ポキはハワイ料理で、魚介類の切り身に海藻や野菜などを混ぜ込んで調味したもので、色々な食材でアレンジを楽しむことができます。 お好みの魚介類のお刺身で作れますが、今回はポキによく使われるキハダマグロを使っています。 キハダマグロの旬については諸説あるようですが、春や初夏から夏が旬とも言われています。マグロから摂れる良質なタンパク質やビタミンB群なども美肌に欠かせません。

わかめも玉ねぎもマグロもおなじみの食材ですが、春ならではのおいしさをポキ丼で楽しんでみてはいかがでしょう。丼料理はカロリーが気になるものも多いですが、 海藻や魚がメインのポキ丼ならヘルシーでも栄養たっぷりなので美容が気になる女性にもおすすめです。

生わかめと新玉ねぎの春ポキ丼

■材料(2人分)■
・ごはん 2杯分
・マグロ(刺身用) 120g
・生わかめ(刺身用) 60g
・新玉ねぎ 1/4個(50g)
・醤油 大さじ1
・ごま油 小さじ1
・ごま 小さじ1
・カイワレ大根 1/4パック(15g)

 

■作り方■
1. マグロは1.5cm~2cm程度の角切りにし、わかめはざく切り、玉ねぎは薄切りにする。
2. マグロ、わかめ、玉ねぎと醤油、ごま油、ごまを和える。
3. 丼にごはんを盛り、2をのせてカイワレ大根をトッピングする。